【徹底比較】PBRレンディングとビットレンディングはどちらがおすすめ?

※この記事にはプロモーションが含まれています。

悩む人
PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)の2つのレンディングサービスがあるけど、どちらで始めたらいいかわからない。
誰かおすすめを教えてほしいなあ。
ねころう
今回はPBRレンディングBitLending(ビットレンディング)を徹底比較して、著者のおすすめかとそれぞれの特徴別におすすめの人を紹介していきます。

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)のどちらがおすすめか知りたい

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)の違いについて知りたい

この記事を見ればPBRレンディングBitLending(ビットレンディング)についてやそれぞれの特徴別にどちらを利用したらよいかを知ることができます。

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)どちらが著者のおすすめかや口座開設も紹介しています。

実際、私がPBRレンディングBitLending(ビットレンディング)を利用している観点からも比較しているので、ぜひ参考にしてください。

先に比較した結果を載せておきます。

比較項目PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)
貸出可能な銘柄
6銘柄

6銘柄
年率(利率)
10%~12%

6~10%
最低貸出数量
XRP,USDT,USDCで差あり

XRP,USDT,USDCで差あり
最低貸出期間
最低1ヶ月

最低1ヶ月
貸出開始日
入金反映後、3営業日以内

入金反映後、3営業日以内
運用方法
単利

複利
出金手数料
手数料がかかる

1年に4回無料
返還までの日数
返還請求受理後、翌月末から10営業日以内

返還請求受理後、翌日から7営業日以内
セキュリティ
2段階認証等なし

2段階認証と不正引き出し防止あり
CSVデータ出力
クリプタクトに対応

クリプタクトに対応
2024/5/7時点

結論、リスクヘッジでどちらもレンディングできるなら、レンディングしたほうがいいです。

どちらか片方から始めるなら、BitLending(ビットレンディング)がおすすめです。

ねころう
詳しい理由はこれから記載していきます。
記事を読むのにおすすめな人

【手数料についての重要なご案内】

取引所から、仮想通貨を送付すると手数料で損します。

例:ビットコインの送付時、0.0004BTC~0.0005BTCかかる場合があります。

1BTCが2,964,299円の場合、1185円~1482円です。

GMOコインでは、仮想通貨の送付手数料が発生しません。

GMOコインを使って、PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)に仮想通貨を送付しましょう!

\無料10分・最短即日取引OK/

GMOコインで口座開設する

口座開設手順を詳しく知りたい人は「GMOコインの口座開設方法」!

PBRレンディング・ビットレンディングの概要

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)の概要についてそれぞれ紹介していきます。

その前に、レンディングについて少し説明いたします。

レンディングとは「株や債券などの保有有価証券を証券会社等に貸し付けることで、報酬として利子を得る仕組み」です。

仮想通貨のレンディングは「仮想通貨を貸すことで、利子として仮想通貨を得る仕組み」です。

PBRレンディングについて

引用:PBRレンディング
サービス名PBRレンディング
運営元株式会社Notting Hill TOKYO
内容暗号資産レンディング
取扱通貨・BTC
・ETH
・ADA
・XRP
・USDT
・USDC
年率・10%(レギュラープラン)
・12%(プレミアムプラン)
最短貸出期間・1ヶ月(レギュラープラン)
・1年(プレミアムプラン)

PBRレンディングの特徴としては年率10%~12%と国内最高年率を誇っております。

ただし、10%のロック期間は最低1ヶ月ですが、12%は最低1年と長いです。

とにかく、高い年率で貸出をしたい人にはおすすめのサービスです。

\無料・国内最高最大年利12% /

PBRレンディングを登録する

「078591362」入力で3,000円分BTCゲット!

ねころう
最近ではCSVファイルの出力もできるようになり、クリプタクト(損益計算ツール)にも対応しています。

ビットレンディングについて

Screenshot
サービス名BitLending(ビットレンディング)
運営元株式会社J-CAM
内容暗号資産レンディングプラットフォーム「BitLending」
Iolite [Magazine]
Iolite [web]
取扱通貨・BTC
・ETH
・XRP
・USDT
・USDC
・DAI
年率・BTC(8%)
・ETH(8%)
・XRP(6%)
・USDT(10%)
・USDC(10%)
・DAI(10%)
最短貸出期間・1ヶ月

BitLending(ビットレンディング)PBRレンディングと比較して、年率は少ないです。

しかし、それ以上に画面が見やすく、1年に4回出金手数料が無料というのが特徴です。

さらに、何もしなくても複利運用されていくので、毎月得られる仮想通貨の量が増えていきます。

\無料・国内最高最大年利8% /

ビットレンディングで口座開設する

ねころう
とりあえずレンディングを試してみたい人は1年に4回出金手数料が無料なので、おすすめです。

10個の項目で徹底比較

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)を下記10個の項目で徹底比較を行っていきます。

それぞれ紹介していきます。

貸出可能な銘柄

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)の貸出可能な銘柄は下記の通りです。

貸出可能な銘柄PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
ADA(カルダノ)
XRP(リップル)
USDT(USDテザー)
USDC(USDコイン)
DAI(ダイ)
2024/5/7時点

結論、主要な通貨は共通しております。

PBRレンディングではADA(カルダノ)で、BitLending(ビットレンディング)DAI(ダイ)が貸出可能です。

ねころう
貸出可能な銘柄でそこまで大きな違いはありませんね。

年率(利率)

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)の年率は下記の通りです。

銘柄PBRレンディング
(プレミアム)
PBRレンディング
(スタンダード)
BitLending(ビットレンディング)
BTC(ビットコイン)12%10%8%
ETH(イーサリアム)12%10%8%
ADA(カルダノ)12%10%
XRP(リップル)12%10%6%
USDT(USDテザー)12%10%10%
USDC(USDコイン)12%10%10%
DAI(ダイ)10%
2024/5/7時点

結論、より高い利率で貸出をしたいなら、PBRレンディングです。

PBRレンディングスタンダードは10%、プレミアムは12%と高いです。

ねころう
いつまでもこの高年率が続くとは限らないので、始めるならすぐがいいです。
\無料・国内最高最大年利12% /

PBRレンディングを登録する

「078591362」入力で3,000円分BTCゲット!

最低貸出数量

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)の最低貸出数量は下記の通りです。

銘柄PBRレンディング
(プレミアム)
PBRレンディング
(スタンダード)
BitLending(ビットレンディング)
BTC(ビットコイン)0.16BTC0.01BTC0.01BTC
ETH(イーサリアム)2.25ETH0.1ETH0.1ETH
ADA(カルダノ)8,500ADA500ADA
XRP(リップル)5,000XRP500XRP360XRP
USDT(USDテザー)3,500USDT300USDT200USDT
USDC(USDコイン)3,500USDC300USDC200USDC
DAI(ダイ)200DAI
2024/5/7時点

XRP、USDT、USDCはBitLending(ビットレンディング)のほうが少ない枚数で貸出せます。

一方、PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)BTCとETHの枚数に差はありません。

最低貸出期間

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)の最低貸出期間は下記の通りです。

PBRレンディング
(プレミアム)
PBRレンディング
(スタンダード)
BitLending(ビットレンディング)
最低貸出期間1年間1ヶ月間1ヶ月間
年利12%10%6~10%
2024/5/7時点

BitLending(ビットレンディング)PBRレンディングのスタンダードは1ヶ月で、年利はそこまで差はありません。

PBRレンディングプレミアムは1年間ですが、年利12%と高いです。

ねころう
仮想通貨をたくさん保有していて、1年間ロックしてもよければ、PBRレンディングのプレミアムはお得ですね。

貸出開始日

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)の貸出開始までの日数は下記の通りです。

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)
貸出開始までの日数入金が反映されてから3営業日以内入金が反映されてから3営業日以内
2024/5/7時点

どちらも差はなく、入金が反映されてから3営業日以内に貸出が開始されます。

運用方法

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)の運用方法は下記の通りです。

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)
運用方法単利複利
2024/5/7時点

BitLending(ビットレンディング)複利運用なので、単利運用よりおすすめです。

ただし、PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)よりも利率が高いので、一概にBitLending(ビットレンディング)がいいというのも言えません。

まずは、単利と複利について説明させていただきます。

単利とは元本(最初に貸出をした金額)に対してのみ利息がつくので、追加で得た利息には利息がつきません。

一方、複利は元本だけでなく、前の期間に得た利息にも利息がつくので、利息が利息を生む形で増えていきます。

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)に元本100万円で貸出をした場合、7年後にはBitLending(ビットレンディング)が上回ります。

運用年数PBRレンディング
スタンダード 単利10%
BitLending(ビットレンディング) 複利8%
1年後110万円108万円
2年後112万円116万6400円






6年後160万円158万円6874円
7年後170万円171万円1384円
2024/5/7時点
ねころう
預ける元本と期間で変わってくるので、運用方法だけでなく、その他の要素でも考えてみてください。

出金手数料

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)の出金手数料は下記の通りです。

銘柄PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)
BTC(ビットコイン)0.0008BTC0.0005BTC
ETH(イーサリアム)0.00625ETH0.00625ETH
ADA(カルダノ)1ADA
XRP(リップル)1XRP0.2XRP
USDT(USDテザー)1USDT(TRC-20)
35USDT(ERC-20)
1USDT(TRC-20)
35USDT(ERC-20)
USDC(USDコイン)1USDC(TRC-20)
35USDC(ERC-20)
1USDC(TRC-20)
35USDC(ERC-20)
DAI(ダイ)15DAI
2024/5/7時点

ただし、BitLending(ビットレンディング)年4回まで無料で出金できます。

また、予定日が同様の複数請求の場合はまとめての送金処理となるので、1回分としてカウントされるので、かなりお得です。

ねころう
BitLending(ビットレンディング)は出金手数料が年4回無料なので、試しに使ってみたい人はおすすめです。
\無料・国内最高最大年利8% /

ビットレンディングで口座開設する

返還までの日数

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)の返還日数は下記の通りです。

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)
返還日数返還請求を受理した翌月末からから10営業日以内返還請求を受理した翌日から7営業日以内
2024/5/7時点

PBRレンディングに比べて、BitLending(ビットレンディング)返還請求を受理した翌日から7営業日以内と1ヶ月も早いです。

ねころう
BitLending(ビットレンディング)は早く引き出したいときに返ってくるので、助かりますね。
\無料・国内最高最大年利8% /

ビットレンディングで口座開設する

セキュリティ

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)のセキュリティは下記の通りです。

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)
2段階認証
不正引き出し防止
2024/5/7時点

BitLending(ビットレンディング)2段階認証に対応しております。

また、不正引き出し防止に初回登録時に指定したアドレスか、再度本人確認をして指定したアドレスのいずれかにしか送付できないので、セキュリティ面でPBRレンディングよりも安心できます。

CSVデータ出力

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)のCSVデータ出力は下記の通りです。

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)
CSVデータ出力
2024/5/7時点

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)どちらもCSVデータ出力もでき、私も愛用しているクリプタクト(損益計算ツール)はどちらにも対応しています。

ねころう
BitLending(ビットレンディング)は早く引き出したいときに引き出せるので、安心ですね。

著者のおすすめ

おすすめ

私が個人的におすすめするのは、BitLending(ビットレンディング)です。

BitLending(ビットレンディング)は年利が高く、PBRレンディングに比べて見やすく使いやすいです。

BitLending(ビットレンディング)がおすすめな特徴
  • 1年に4回、出金手数料が無料
  • 返還までの日数が短い
  • 自動的に複利運用

私はこの特徴から、BitLending(ビットレンディング)を使っており、PBRレンディングよりもビットコインとイーサリアムを多く預けています。

ねころう
BitLending(ビットレンディング)はレンディングを初めて使う人にもおすすめです。
\無料・国内最高最大年利8% /

ビットレンディングで口座開設する

PBRレンディングがおすすめな人

PBRレンディングを利用するのにおすすめの人は以下の通りです。

PBRレンディングがおすすめな人
  • ある程度まとまったお金がある人
  • より高利率でレンディングをしたい人
  • 急に必要になるお金で運用しない人

PBRレンディングある程度まとまったお金があり、より高利率でレンディングをしたい人におすすめです。

比較した結果、返還するのに送金手数料がかかります。

少ない資金で貸出をすると、レンディングで得られた分から送金手数料がかかり、むしろマイナスになる可能性もあります。

ねころう
PBRレンディングはクセがありますが、高利率で貸出をしたい人はぜひレンディングをしてみてください。
\無料・国内最高最大年利12% /

PBRレンディングを登録する

「078591362」入力で3,000円分BTCゲット!

ビットレンディングがおすすめな人

BitLending(ビットレンディング)がおすすめな人は以下の通りです。

BitLending(ビットレンディング)がおすすめな人
  • 試しにレンディングを始めてみたい人
  • 少額だけどレンディングをやりたい人
  • 急に必要になったときに出金したい人

BitLending(ビットレンディング)私が個人的におすすめする理由でも書きましたが、少ない資金で試しにレンディングをしたい人におすすめです。

最低貸出期間は1ヶ月で、返還申請が受理されてから7営業日以内に返ってきます。

さらに、2段階認証でセキュリティ的にも安心です。

レンディングを試しにやってみたい人はBitLending(ビットレンディング)をやってみてください。

\無料・国内最高最大年利8% /

ビットレンディングで口座開設する

PBRレンディングとビットレンディングの口座開設・始め方

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)の口座開設・始め方の記事を紹介します。

その前にレンディングサービスを利用するにあたり、GMOコインの口座開設は必須です。

なぜなら、取引所からレンディングプラットフォームに送金すると手数料がかかります。

しかし、GMOコインなら送金手数料がかからないので、おすすめです。

まだ、口座開設していない人は口座開設しておきましょう。

\無料10分・最短即日取引OK/

GMOコインで口座開設する

ねころう
他の取引所だと、0.0005BTC = 5,500円(1BTC = 10,966,117円)もかかるので、送金手数料がかからない取引所を利用しましょう。

PBRレンディングの口座開設・始め方

PBRレンディングの口座開設は以下をご覧ください。

>> PBRレンディングの始め方やメリット・デメリットを紹介

今回、おすすめで紹介したGMOコインからPBRレンディングへの送金方法は以下をご覧ください。

>> GMOコインからPBRレンディングへの送金方法

ビットレンディングの口座開設・始め方

BitLending(ビットレンディング)の口座開設は以下をご覧ください。

>> BitLending(ビットレンディング)の始め方・やり方を紹介

今回、おすすめで紹介したGMOコインからBitLending(ビットレンディング)への送金方法は以下をご覧ください。

>> GMOコインからBitLending(ビットレンディング)の送金方法を紹介!

ねころう
口座開設にはさほど時間もかからず、送金も一度慣れてしまえば簡単なので、やってみてください!

まとめ

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)の徹底比較をして、どちらがおすすめかを紹介しました。

PBRレンディング高利率な分、返還するのに手数料がかかるので、ある程度まとまった資金でとにかく年利が高くレンディングしたい人におすすめです。

\無料・国内最高最大年利12% /

PBRレンディングを登録する

「078591362」入力で3,000円分BTCゲット!

一方、BitLending(ビットレンディング返還するのに手数料が1年に4回はかからず、すぐに返還されるので、まずは少額から試しにレンディングしたい人におすすめです。

\無料・国内最高最大年利8% /

ビットレンディングで口座開設する

PBRレンディングBitLending(ビットレンディングに仮想通貨を送付するのに、おすすめな口座は送金手数料が無料な「GMOコイン」なので、まだの人は絶対口座開設しておきましょう。

\無料10分・最短即日取引OK/

GMOコインで口座開設する

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)以外にもUSDTなど最大年利16%で運用できるNEXOの始め方について書いてあるので、是非読んでください。

PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)だけでなく、NEXOにも預けることで、リスク分散につながります。

>>NEXO(ネクソ)の始め方や設定方法!

仮想通貨以外に不動産投資に投資あるけど、少額から始めたい人はこちらも読んでみてください!

日本円でも高利回りの不労所得を得る方法をこちらの記事で紹介しています。

>>【評判】Funvest(ファンベスト)とは?メリット・デメリットや始め方を紹介

【手数料についての重要なご案内】

取引所から、仮想通貨を送付すると手数料で損します。

例:ビットコインの送付時、0.0004BTC~0.0005BTCかかる場合があります。

1BTCが2,964,299円の場合、1185円~1482円です。

GMOコインでは、仮想通貨の送付手数料が発生しません。

GMOコインを使って、PBRレンディングBitLending(ビットレンディング)にビットコインを送付しましょう!

\無料10分・最短即日取引OK/

GMOコインで口座開設する

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事